結婚指輪

実際に結婚指輪を貰った後について

結婚指輪を貰った後、その指輪をつけるかどうかは自由です。実際の生活環境や職場、または結婚指輪のデザインによってはつけていると不都合があることもあるかもしれません。その場合は、毎日つけないで特別な日や休みの日だけつける人もいます。大切に保管さえしておけば、貰った後に全くつけない場合もあります。金属アレルギーによりつけることができない場合もあるかもしれません。また、サイズが合わなくなってつけることができなくなった、不注意により紛失してしまったなどということもあります。そういった場合は、彼に正直に話して相談するとよいでしょう。結婚指輪は結婚の記念になるものであるため、つけるかどうかや再購入を検討するかなどは、一人で悩むのではなく二人で話し合って決めるようにしましょう。

結婚指輪を購入するまでの考え方

結婚指輪は、婚約指輪と違って日常的に身に着けるものであるため、比較的シンプルなデザインを選ぶ人が多いです。実際には、何も飾りのないシンプルなものからメレダイヤモンドを使った華やかなものまでいろいろな種類があります。結婚指輪は、結婚した二人と共に人生を一緒に歩いていく大切なものであるため、好みの結婚指輪を手に入れることはとても重要です。そのため、結婚することが決まったらすぐに結婚指輪のデザインなどについて考えておくとよいです。そして、結婚指輪を買うことになったら早い段階から彼に好みの結婚指輪について伝えておくべきです。彼と同じ好みであったり、結婚指輪に対する考え方が同じであることはまれです。具体的に買う場所や予算が決まってからデザインや好みの話になると、それまでに決めたことが振り出しに戻ってしまうこともあります。

好みの結婚指輪を伝えるときの注意点

結婚指輪を買うことになった場合は、デザイン、予算、買う場所を決めることになります。できるだけ好みの結婚指輪を貰うためには、確実に好みを伝え、実際に二人で買いにいくことが重要です。結婚指輪は、ストレート、ウェーブなどのデザインだけでなく、プラチナ、ゴールド、プラチナとゴールドのコンビなど素材も様々です。またゴールドの中にもホワイトゴールドやピンクゴールドなど6種類ほどあります。ブランドも多数あるため、実際に買いに行く前に好みのデザイン、素材、ブランドの候補を挙げておき、購入する店舗を絞るためにもあらかじめ彼に伝えておきます。そして予算も話し合ったうえで、店舗に見に行くのがよいでしょう。店舗に行って実際に見たりつけてみると、思っていたことと異なる場合もあります。しかし、たくさんある中から二人の好みを合わせたものを購入するには事前に話し合うことがとても重要です。