結婚指輪

結婚指輪を貰いたい時にやってみた方が良いこと

結婚指輪は様々な種類のものがあり、その価格帯も幅広いです。一生ものの結婚指輪なので、せっかくなら自分好みのものをもらいたいですよね。今回は結婚指輪を貰う時に、結婚指輪の種類や自分の好みを彼に上手に伝える方法を中心に紹介していきます。結婚指輪は、愛の証として男性から女性へ送られるもので、マリッジリングともいいます。左手の薬指が心臓の血管へと繋がっているといわれ、左手の薬指に着けることになっています。結婚指輪の平均購入価格は2人で20万前後となっています。挙式の8ヶ月ほど前頃から探して、遅くても3ヶ月前には用意したほうがいいでしょう。指輪は、店舗だけではなくネットでも購入することが可能ですが、指のサイズに合った指輪にする為には、実際見てみた方がいいので、店舗で購入することを推奨します。

人気の結婚指輪にはどのような種類のものがあるか

結婚指輪の中でも、特に人気なのはシンプルで飽きのこないデザインのものになります。どんな服装にも合わせやすく、職場でも着けやすいのが魅力です。鋭くカーブが描かれたソリッド型のタイプは、指先を細くきれいに見せてくれます。2つの指輪を合わせた時に、意味をなすデザインが出来上がるのも人気です。他にもカジュアルなものや、個性的なデザインのものなどもあります。世界に1つだけの指輪にするため、結婚指輪を手作りする方もいます。上記の指輪以外に、ダイヤが着いている華やかなものも人気があります。その中で最もオーソドックスなものは、一粒だけダイヤをあしらったソリティアと呼ばれるものになります。センターの石を彩る形でダイヤが散りばめられているものはメレ付きと呼ばれていてこちらも人気です。小粒のダイヤが散りばめられたパヴェという結婚指輪もあります。

結婚指輪が欲しい時、彼に上手に伝える方法

近年では、結婚指輪を購入しない、着けなくてもいいという方も増えています。しかし、結婚指輪に憧れていて欲しいと思う女性も少なくないでしょう。結婚指輪が欲しい時、彼への伝え方としてはさりげなくアピールすることをおすすめします。ストレートに欲しいと伝えるのも分かりやすくていいのですが、結婚指輪の特集が掲載してある雑誌などを彼の目にみえるところに置いたり、お店で結婚指輪を買い物のついでに見に行ってみて欲しそうにしてみると、彼の方も買ってあげたくなる気持ちが湧きやすいでしょう。高値のもの、デザイン性のあるものなど女性によって好みは異なり、男性側も好みについてははっきり理解するのは難しいので、ネットで多くの種類の指輪が掲載されているサイトなどを一緒に見てこういうのがいいという意思を彼に伝えてみると、自分好みの結婚指輪を用意してくれる可能性が高くなるでしょう。