結婚指輪

結婚指輪を貰いたい時にやらない方が良いこと

お付き合いしている方がいる女性には、結婚指輪を貰うのは子供の頃からの夢だとゆう方も多いかと思います。貰った結婚指輪が更に好みの物であれば嬉しさも倍になります。好みの結婚指輪を貰いたい時に有効なポイントを押さえておけば、貰いたい時に結婚指輪を貰える確率が上がります。初めに、普段からアクセサリーを身に着ける様にする事です。よく気が付くタイプの男性は、この時点で次のイベントにはアクセサリーをプレゼントしようと思いつくはずです。この時に効果的なのは、指輪を付けないことです。アクセサリーを普段から付ける事はいいタイミングになりますが、指輪以外の物をプレゼントされる可能性もあります。そのため指輪だけは付けずに、最近集めているのだけど指輪が中々いいのが見つからなく等を彼氏に伝えると指輪に焦点を合わせてくれるので結婚指輪を貰える確率が上がります。

結婚指輪を貰うなら、してはいけない事もある

結婚指輪を貰う為にはと考えると素直に結婚指輪が欲しいと言って仕舞いがちですが、それは逆効果になります。付き合っている期間が長かったとしても、あまりにも直球に伝えてしまうと男性は引け目を感じてしまいます。男性事態に結婚願望が強い人は少なく、更に結婚指輪を渡す際にもかなりの有期が必要なことなので、尻込みしてしまう男性もいるのです。そして、ブラントや指輪の値段についても触れてはいけません。どこのブランドで最低何十万円の指輪が欲しいなど伝えてしまうと、今抱いている恋愛感情も覚めてしまうかもしれません。どんなに安い結婚指輪でも、贈る側の男性は指輪についての知識を学んだり、いろいろな形を学ぶ期間がショップによって設けられる事もあります。自分のために送ってくれる男性のために、この2つのポイントは触れずにありがとうという気持ちで受け取りましょう。

欲しい結婚指輪の好みを伝えるのも大きなポイント

結婚指輪が欲しいとは伝えないと先程触れましたが、どんなものが好みなのかはしっかり伝える必要があります。石の大きさや指輪事態の太さ、シルバーなどのリングの色、形などは伝える事が重要です。結婚指輪を贈ろうと考えている男性は、普段の会話の中で貰うとしたらどんな指輪がいいかと聞いてくる人もいますが多くの人は聞かずに渡してしまいます。自分の好みの指輪を貰う為にも自分でも結婚指輪のリサーチをしましょう。好みの指輪が固まったら普段の会話中に、ドラマで見た結婚指輪が素敵だったと好みの指輪の話を伝えるのもいいかと思います。その時に、お揃いの物が欲しいねと伝えるのも効果的です。結婚指輪を貰うのは一生に一度の事なので、悔やむことがない様にしっかり好みの結婚指輪を伝えておきましょう。