通勤にも使える

ロードバイクは舗装路での高速性能に着目してできた自転車です。
高速で走行ができるようになっているため自転車にはありがちな泥除けやかごといったようなものがないのが特徴といえます。
自転車といえどもかなりのスピードがでます。
街中でもかなりのスピードで走行している自転車をみかけることがあるとおもいますが、それらの多くはこのロードバイクといわれているものといってもいいでしょう。
ロードレースなどに使われていたものをもとに開発されているので、かなりのスピードがでるというわけです。
日本ではほとんどの道路が舗装されていますから、日本の道路を走るうえでは最適の自転車といえるかもしれません。
ただ、かなりのスピードがでますから、運転のときには安全に十分に注意をはらう必要があります。
人はそれほど反射神経などはよくないので、とっさの反応などはできないものです。
高速で走れるということはそれだけ危険ともいえますから、運転には注意が必要です。

ロードバイクの魅力について

自分は最近ロードバイクを持っておきたいと思うようになりましたね。
これのきっかけとしてはバイクで山道をツーリングすることを趣味としているところから来ているのですが、そのような山道で自分で汗を流して走っていくのも良いと思うのです。
ロードバイクで山道を走る場合だと、このような苦労がリアリティとして体感でき、達成感のようなものを感じられるという点において魅力的に感じますね。
普通のバイクだと確かに楽な分、この感じがないですからね。
しかもロードバイクだとバイクのように日々メンテナンス費用がかさんでできませんしね。
また体を動かすことで運動になり、鍛えられたりして健康的にも良いということも魅力的です。
自宅からちょっとした距離のところであればロードバイクを使い、距離が離れているところであればバイクで遠出するのが理想的ですね。
けれども競輪選手ぐらいに鍛えておけば、長距離でもそこまで苦にならないどころか、むしろ楽しめてしまうかもしれませんね。

Comments are closed.